FC2ブログ
転勤族が富山県で何を見て何を感じているのか綴ります
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
子供に釣りの楽しさを味わってもらえるスポット@有馬ます池
GWは嫁さまの実家に帰省。

そして、嫁さま達が買い物に行っている間、男3人でニジマス釣りに行ってまいりました。

恒例となっております 「有馬ます池」 でございます
20180501_有馬ます池1

【料金】
・1竿1400円(3匹まで)
※塩焼きor唐揚げの料理代込み
・駐車場600円
・1匹追加するごとに260円

今回、5歳の長男と3歳の次男が参戦!

「…1竿だと間違いなく喧嘩になるな…」

ということで、2竿でトライ。

魚はご覧のようにうじゃうじゃですΣ(゜ロ゜;)!!
20180501_有馬ます池2

有馬ます池2回目の次男は何故かサマになっております。
20180501_有馬ます池3

もう3、4回来ている長男は慣れたものです。
20180501_有馬ます池4

最初こそ夢中になっているわけですが、、

なかなか釣れない(というか、当たりはめちゃめちゃあるものの針掛かりしない)。
20180501_有馬ます池5

2人で作戦会議。
20180501_有馬ます池6

結局、次男はなんとか1匹釣り上げ、「とおちゃん代わって…」と言われ、ソッコー1匹GET
長男は着実に3匹釣り上げ、更に私の竿を取り上げ追加1匹の計4匹という釣果でした。

20180501_有馬ます池7

釣った後は唐揚げをお願いし、出来上がるまでの間、鯉の餌やり。
2袋単位というところが絶妙。取り合いにはならず楽しんでいました。
20180501_有馬ます池8

以前は鯉だけだった気がしますが、ニジマスにも餌を上げることができるようになっていました。
20180501_有馬ます池9


子供に釣りを身近に感じてもらえるスポットとしてはここはイチオシです。

↓よければポチおねがいします↓

富山県ランキング
スポンサーサイト
page top
ビギナーズラック?@富山市岩瀬漁港
本日は、先週のリベンジです!
再び、男3人で岩瀬漁港へ
前回、小魚の回遊があったので、サビキに挑戦です。
しかし、水がかなり濁っており、前回のポイントには魚の影が見えなかったので、少し外側でトライしてみます。
20180428_岩瀬漁港1

堤防内側には木っ葉グレの群れが見えたのでアミエビを撒いてみますが、全く見向きもせずやる気ゼロです(ノД`)・゜・チーン
20180428_岩瀬漁港2

そこで、堤防外側でやってみたところ、少しずつ潮が動き始め、おなじみ(?)のハオコゼを長男が、ナゾのにょろにょろを次男が立て続けにヒット。ナゾのにょろにょろも毒がありそうだったので触れないようにリリース。
20180428_岩瀬漁港3


しばらく長男の方に目を向けていると、次男が何かに引っ張られている様子Σ(゜ロ゜;)!!
見ると、掛かったデカい魚が水面近くで暴れているではありませんか!
慌てて3歳の次男と一緒に格闘し、GETしたのはこちら↓の魚。
20180428_岩瀬漁港4
25cmくらいのウグイ!
海でウグイを釣ったのは初めてだったのでビックリ!
(実際に釣ったのは次男ですが・・・)

ビギナーズラックなのでしょうか。
その後しばらく、次男は得意気に「おっきぃおさかなつったー」と自慢し続けていました。

長男はその後ハオコゼ1匹追加。
同じ堤防では、他の方が小キスや小アジ、小メバルがわずかに釣れていました。

↓よければ↓ぽちお願いします。

富山県ランキング
page top
朝から岩瀬漁港へ@富山市
本日は天気も良く、長男次男と3人で朝から釣りに行こう!ということになりました。

ポイントは近くの港、「岩瀬漁港」。ちょうど×印のあたりです。
来る途中には24時間営業の上州屋やコンビニもあり非常に便利なところです。
20180421_岩瀬漁港1


何が釣れているのか情報が全くない中、とりあえず何か掛かるであろう「釣れちゃうねん!」を持参。
餌はアオイソメ&オキアミの2段構え。
20180421_岩瀬漁港2

何か回遊している小魚の姿は見えるものの全く反応示さず・・・
撒き餌があった方が良かったかも・・・
20180421_岩瀬漁港3

途中からみんな飽きてきたため、やけくそでアオイソメを付けてちょい投げしたところ釣れたのがこちら。
20180421_岩瀬漁港4
パッと見から毒魚の雰囲気です。生涯でコイツにお目にかかったのは2回目です。1回目も同じようなシチュエーションで、魚が釣れる気配が全くない中でポッと釣れた記憶があります。

後で調べたところ、「ハオコゼ」という毒魚らしいです。食欲旺盛!とのこと。どうりで・・・
魚に触れないようペンチで針外してリリースしたのは正解でした。


この頃から、沖から続々と漁船が帰港してきており、かご一杯のシロエビが水揚げされてきます。
漁師さんの邪魔にならないよう、その場から撤収し、隣の砂浜へ。
20180421_岩瀬漁港5

しかし、波打ち際を歩いていた長男、靴がびしょびしょになり砂も靴に入ってしまいテンション↓↓
早々に帰宅となりました。

ちなみに漁港内でおばちゃんに声を掛けられましたが、最初に泳いでいた小さい回遊魚はどうも稚アユらしいです。
また、はぐれサバも見かけましたし、30cmくらいのサゴシのペアも見かけました。
時々、ホタルイカが水面近くを泳いでいるのも見ましたし、これを狙って港内に入ってきているのかもしれませんね。
今日は釣り人はほとんどいませんでしたが、網を持ったホタルイカすくい目当ての人は多かったです。

↓よければポチお願いします。

富山県ランキング
page top
とやまフィッシングショー2018に行ってきた
本日は、前から楽しみにしていた 「とやまフィッシングショー2018」 に行ってきました(≧y≦*)

20180331_2018とやまフィッシングショー1

今日もめっちゃ良い天気です。桜も咲き始めましたよ
20180331_2018とやまフィッシングショー2

恥ずかしながら、実はフィッシングショーに行くのはこれが人生初なのであります(・´艸`・)ドキドキ
20180331_2018とやまフィッシングショー3

ブース面積が大きかったのはやはり、「シマノ」「ダイワ」「がまかつ」です。
それぞれ番組も持ってますしね。

20180331_2018とやまフィッシングショー4
ちなみに、シマノのブースでは炎月を発見。
ひとつテンヤが見たかったのですが、展示してあったのはタイラバアイテム。
年々進化を遂げているのか、前後の穴に開きのある初めて見る誘導タイラバもありましたΣ(゜ロ゜;)!!


20180331_2018とやまフィッシングショー5
そしてこちらはダイワのブース。
テレビでよく見るエギングの山田ヒロヒトさんもいらっしゃいました。オーラすごいです。


20180331_2018とやまフィッシングショー6
15:00からのトークショーには福岡出身の釣りガール秋丸美帆さん(写真左)も。
生でお目にかかれるとは!
トークショーでも福岡訛りが健在でした(笑)
後ですれ違うことがありましたがテレビで見るより小柄(150cm弱?)で、この体格であの大物達を仕留めるのかと驚きました。


20180331_2018とやまフィッシングショー9
がまかつブースでは、テレビでおなじみ ふくだあかりさんがサイン会をされており、一緒に写真撮影しているお客さんも。

その横で、魚の引きを体験できるコーナーがあり、「ちょっとやってみませんか?」と声を掛けられました。
磯竿コーナーですが、何故かヒラマサ設定Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)イキナリレベルMAX?
機械がヒラマサの引きを再現してくれるようですが、もの凄い引きで耐えられませんでした。。。
そして、リールがバックラッシュ。。。スタッフの方ごめんなさい。
他にも口太メジナ50cm設定や尾長メジナ60cm設定もあるようです。
こういうのでテスターの方はシミュレーションしているんだなぁと関心しました..._〆(・∀・@)


20180331_2018とやまフィッシングショー7
初めて見たルアーとして一番興味を引いたのは、BASSDAYさんの「はぜ玉」(写真左)とキビレ用ラバージグ(写真右上)です。
今までハゼをルアーで釣るという発想は全くありませんでしたし、クロダイ=ポッパーというイメージがあったからです。

20180331_2018とやまフィッシングショー8
他には、小学生~中学生の頃よくこれでブラックバスを仕留めた思い出のトップウォータープラグ「レッドペッパー」もあり、当時には無かったレッドペッパーベイビーやレッドペッパーマイクロといった子供や孫?までのラインナップとカラーバリエーションが増えており、時代の流れを感じました。
また、なつかしのRAPARAのルアーもあり、でも当時よりも進化していて、興味をひかれました。


鮎竿コーナーで「初めて鮎竿持ちましたが軽いですねぇ」と言ったときに言われたひとこと。
「この技術が止まったら全ての釣り竿の進化が止まります。」
なるほど、釣り竿の最先端は鮎竿だったんですね!!


今日は発見だらけの1日でしたv( ̄∇ ̄)

↓よければポチおねがいします

富山県ランキング
page top
富山湾リベンジ@岩瀬漁港
先週の釣行により、必勝パターンが見えました!!ヾ(≧▽≦)ノ

それは・・・

“小さいサビキ仕掛け&マキエを後から投入”作戦なのであります。
20171015_豆アジ1

どういうことかと言うと、豆アジはマキエに群がってきますが、そこから少しでも離れた仕掛けには見向きもしないということ。


そして、マキエはリアルなエビ(アミエビ)を使うということ。

次男はマキエをあげるのに必死です。
20171015_豆アジ2

結果、2時間くらいでしたが入れ食いとなり、バケツが一杯に。
20171015_豆アジ3

そして、数えながら捌きます。なんと!120匹(*´Д`)=3ハァ
20171015_豆アジ4

そして唐揚げにします。
20171015_豆アジ5

もうね、揚げすぎて…
20171015_豆アジ6

山盛。
20171015_豆アジ7

やっぱりお菓子です。カリカリでウマすぎです。


富山県ランキング
© 転勤族の人って普段何してる?〜富山編〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。