FC2ブログ
転勤族が富山県で何を見て何を感じているのか綴ります
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ビギナーズラック?@富山市岩瀬漁港
本日は、先週のリベンジです!
再び、男3人で岩瀬漁港へ
前回、小魚の回遊があったので、サビキに挑戦です。
しかし、水がかなり濁っており、前回のポイントには魚の影が見えなかったので、少し外側でトライしてみます。
20180428_岩瀬漁港1

堤防内側には木っ葉グレの群れが見えたのでアミエビを撒いてみますが、全く見向きもせずやる気ゼロです(ノД`)・゜・チーン
20180428_岩瀬漁港2

そこで、堤防外側でやってみたところ、少しずつ潮が動き始め、おなじみ(?)のハオコゼを長男が、ナゾのにょろにょろを次男が立て続けにヒット。ナゾのにょろにょろも毒がありそうだったので触れないようにリリース。
20180428_岩瀬漁港3


しばらく長男の方に目を向けていると、次男が何かに引っ張られている様子Σ(゜ロ゜;)!!
見ると、掛かったデカい魚が水面近くで暴れているではありませんか!
慌てて3歳の次男と一緒に格闘し、GETしたのはこちら↓の魚。
20180428_岩瀬漁港4
25cmくらいのウグイ!
海でウグイを釣ったのは初めてだったのでビックリ!
(実際に釣ったのは次男ですが・・・)

ビギナーズラックなのでしょうか。
その後しばらく、次男は得意気に「おっきぃおさかなつったー」と自慢し続けていました。

長男はその後ハオコゼ1匹追加。
同じ堤防では、他の方が小キスや小アジ、小メバルがわずかに釣れていました。

↓よければ↓ぽちお願いします。

富山県ランキング
スポンサーサイト
page top
となみチューリップフェア2018@富山県砺波市
本日は 「となみチューリップフェア2018」 に行ってまいりました!!ヾ(≧▽≦)ノ
20180422_となみチューリップフェア1

ネット情報では、駐車場が厳しいので砺波駅近くに停めてシャトルバスがおススメとありましたが、行けるところまで行ってみよう!と進んでみたところ、すぐ近くの駐車場に停めることができました(500円)。開花状況50%、駐車状況40%時の事前情報です。
20180422_となみチューリップフェア2

入ると直ぐにチューリップタワーがあり、その前は記念写真スポットになっています。
また、写真を撮ってくれるコーナーもあり、小さいサイズは無料とのこと。
外国人観光客も多かったためスタッフの方が「すもーるサイズいずフリー」と連呼してました。我々も20分ほど並んで記念写真をいただきました(・´艸`・)
20180422_となみチューリップフェア3

開花率50%とは思えぬ咲きっぷりです。
20180422_となみチューリップフェア4

また、ところどころに高台が用意してあり、上からはこのような写真を撮ることもできます。
20180422_となみチューリップフェア5

目玉のひとつは「花の大谷」です。富山名物「雪の大谷」をイメージした花の大谷です。一方通行のため並んで進んでいきます
20180422_となみチューリップフェア6

そしてこちらが中心部。
流れる滝が涼しげで、チューリップがこれでもか!というほど咲き誇っています
20180422_となみチューリップフェア7

ランチは偶然着席することができ、私がいただいたのはこちら↓の「ぶりカツバーガー」。
意外と魚臭くなく、美味でした(≧y≦*)
20180422_となみチューリップフェア8

そして、食後は「富山ご当地ソフトクリーム」!見たこともない味が並んでいます。
20180422_となみチューリップフェア9

今回は、チューリップ味をチョイス!
これが、何故か良い香りのするソフトクリームで、非常に美味でした(・´艸`・)ヒョウゲンデキナイ
20180422_となみチューリップフェア10

食後の休憩に立ち寄ったのがこちら↓の「旧中嶋家」。
お茶もいただけるということで、少しのつもりが長居してしまうほど居心地の良いお宅で、田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたような気持ちになります。囲炉裏から漂う炭の香りが壁に染み付いており、くつろぎ空間となっていおり、お茶はセルフ、まんじゅうは100円です。手作りのお土産なんかもありますぞ。
20180422_となみチューリップフェア11

そこから水車を眺めながら、
20180422_となみチューリップフェア12

辿り着いたのは、こちら↓の「チューリップ四季彩館」です。
20180422_となみチューリップフェア13

お土産コーナーやフラワー展示もあります。
そこで目に付いたのはこちら↓
チューリップコカコーラ!恐らく、ここでしか手に入りません。
20180422_となみチューリップフェア14

中はあたかも植物園かのような空間が広がっていますが、その中で一際目を引くのがこちら↓
20180422_となみチューリップフェア15

チューリップパレス!!
20180422_となみチューリップフェア16

なんかもう、アートなんです!めちゃキレイ
20180422_となみチューリップフェア17

帰りに横目に見る水上花壇は、よく見ると動いているんですΣ(゜ロ゜;)!!
恐らく、浮島状になっているんだと思います。
20180422_となみチューリップフェア18

出口付近にある「影絵ワールド」にも寄ってみました。
自分でカラーフィルムを貼って実際に影絵として動かせるということもでき、また、プロが作った影絵人形を動かすこともできます。
長男は、なんだかんだ言って、この影絵が本日のイチオシだったようです。
男子は花よりこっちなのかな。
20180422_となみチューリップフェア19

↓よければポチ↓おねがいします。

富山県ランキング
page top
朝から岩瀬漁港へ@富山市
本日は天気も良く、長男次男と3人で朝から釣りに行こう!ということになりました。

ポイントは近くの港、「岩瀬漁港」。ちょうど×印のあたりです。
来る途中には24時間営業の上州屋やコンビニもあり非常に便利なところです。
20180421_岩瀬漁港1


何が釣れているのか情報が全くない中、とりあえず何か掛かるであろう「釣れちゃうねん!」を持参。
餌はアオイソメ&オキアミの2段構え。
20180421_岩瀬漁港2

何か回遊している小魚の姿は見えるものの全く反応示さず・・・
撒き餌があった方が良かったかも・・・
20180421_岩瀬漁港3

途中からみんな飽きてきたため、やけくそでアオイソメを付けてちょい投げしたところ釣れたのがこちら。
20180421_岩瀬漁港4
パッと見から毒魚の雰囲気です。生涯でコイツにお目にかかったのは2回目です。1回目も同じようなシチュエーションで、魚が釣れる気配が全くない中でポッと釣れた記憶があります。

後で調べたところ、「ハオコゼ」という毒魚らしいです。食欲旺盛!とのこと。どうりで・・・
魚に触れないようペンチで針外してリリースしたのは正解でした。


この頃から、沖から続々と漁船が帰港してきており、かご一杯のシロエビが水揚げされてきます。
漁師さんの邪魔にならないよう、その場から撤収し、隣の砂浜へ。
20180421_岩瀬漁港5

しかし、波打ち際を歩いていた長男、靴がびしょびしょになり砂も靴に入ってしまいテンション↓↓
早々に帰宅となりました。

ちなみに漁港内でおばちゃんに声を掛けられましたが、最初に泳いでいた小さい回遊魚はどうも稚アユらしいです。
また、はぐれサバも見かけましたし、30cmくらいのサゴシのペアも見かけました。
時々、ホタルイカが水面近くを泳いでいるのも見ましたし、これを狙って港内に入ってきているのかもしれませんね。
今日は釣り人はほとんどいませんでしたが、網を持ったホタルイカすくい目当ての人は多かったです。

↓よければポチお願いします。

富山県ランキング
page top
ほたるいかミュージアムでホタルイカ三昧@富山県滑川市
本日は、季節ものの 「ほたるいかミュージアム」 に家族5人で行ってきました。
私と長男次男は昨年に続き2回目です(・´艸`・)

20180415_ほたるいかミュージアム1

その名のとおり、全力でホタルイカですヾ(≧▽≦)ノ
20180415_ほたるいかミュージアム2

ライトアップもホタルイカイメージカラーです。
20180415_ほたるいかミュージアム3

進んでいくと、子供たちも興味津々のコーナーです。デジタル技術が盛り沢山。
20180415_ほたるいかミュージアム4

その傍らにはダイオウグソクムシ暗室への入口がΣ(゜ロ゜;)!!
20180415_ほたるいかミュージアム5

中は暗室となっており、フラッシュを使った写真撮影は厳禁となっています。

そしてこちらのダイオウグソクムシは、下部に鏡がありお腹部分も丸見えなのです。
20180415_ほたるいかミュージアム6


!!

と、この暗室でホタルイカちゃんを拝見できます。

半透明ボディが幻想的で、クラゲ好きにもたまらない水槽ですね。
20180415_ほたるいかミュージアム7

このミュージアム中心部にはフリーの釣りコーナーもあり、長男次男はもう夢中
20180415_ほたるいかミュージアム8

その横には、ホタルイカと触れ合えるコーナーもあり、5℃の水の中を泳いでいるホタルイカを手に取ることができます。
水が冷たいので、小さい子は長時間手をつけられないようです。
ちなみに、わたくしは右の子に手を噛まれました。怪我はしませんがクチバシ注意です
20180415_ほたるいかミュージアム9

3歳の次男もツンツン。
20180415_ほたるいかミュージアム10


そして、ほたるいか発光ショーも開催!!(前方席がおススメ)
ビデオ+発光ショーで15分くらいですが、中は撮影禁止のため画像なしです。
青白いホタルイカの光を生で見ることができます。シーズン中のみなので貴重な体験です
20180415_ほたるいかミュージアム11


満喫した後は、2階レストランへ。ランチタイムは行列だったため約1時間待ち。。
ただし、眺めは抜群です(≧y≦*)
20180415_ほたるいかミュージアム12

わたくし、ホタルイカは沖漬けとボイルしか食べたことがなかったため、フルで味わえる「ほたるいか御膳」を注文。
お刺身、天ぷら、酢の物、土佐煮、素干しにご飯とお吸い物付きで2,200円なり。嫁さまは、ほたるいか天丼。
お子様プレート(ホタルイカ入ってない)もありますよ。
20180415_ほたるいかミュージアム13

わずか1日でホタルイカをコンプリートできましたヾ(≧▽≦)ノ


↓よければポチお願いします

富山県ランキング
page top
プラネタリウムはちびまる子ちゃんに@富山市科学博物館
本日は 富山市科学博物館 に長男・次男と3人で行ってまいりました。

というのも、昨年度まではプラネタリウムにはドラえもんの上映があったのですが、今年度からはそれがちびまる子ちゃんになったからなのであります。

(嫁さまと三男がテクノホールへ雑貨展を見に行っている間の時間稼ぎです)

20180414_富山市科学博物館ちびまるこちゃん

息子達はドラえもん好きだったので少し寂しい気持ちもありますが、ちびまる子ちゃんは新鮮だったようです。

ただ、わたくしは、、


お昼寝モードに



どうも、お話しメインのものより

“わー!!” とか “きゃー!!” とか(までは叫びませんが)興奮するタイプのプラネタリウムが好みのようです。

女子のみなさま向けなのかしれませんね。。。

↓ぽちお願いします

富山県ランキング
© 転勤族の人って普段何してる?〜富山編〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。