転勤族が富山県で何を見て何を感じているのか綴ります
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
深海テンヤで五目釣り
本日は先輩から急遽お誘いを受け、ひとつテンヤするため高知沖に出撃してきました。

お世話になりましたのは、おなじみ「ロマン号」
6時半頃出船です
20150321_テンヤ釣り1

狙いは何かといいますと、『レンコダイ』です。最近の情報によると、深場で沢山釣れているとのこと。

と、浦戸大橋の下を通るあたりまではいつも通りテンションMAXなのですが、ここからが長い。水深120m付近まで行くので出船から釣り場到着まで1時間半はかかります。
20150321_テンヤ釣り2


まぁワイワイしながら時間をつぶし到着したのは高知沖、水深120~125mライン。
ビンビンテンヤ13号オレンジにイカの切り身を付けて投入しますがなかなか着底しません。。

潮の流れも速いため、15号に変更し、おまけにシンカーも追加しますが更に着底がわからない状態に。。

これ以上は無理ということで、逆にシンカー外してテンヤを軽くしたところ、底が取れるように
パラシュートアンカーだったため、恐らく仕掛けと同時に船もかなりのスピードで流されていたのではないかと思います。なのでテンヤを重くすればするほど着底できなかったし、逆に、軽くすると船が流されるスピードに近い状態でテンヤを流すことができ、結果的に釣りやすい状況になったのではないかと、勝手に分析してみます..._〆(・∀・@)

そんなこんなで最初に釣れたのは『べいけん』という魚で、正式には『カイワリ』というそうです。
025480.jpg

ここで、ある事実が判明 (゚ロ゚;)ナニ?

水深120mから「手動で」巻き上げてくるのは、思ったよりしんどい!ということ(((((( ;゚Д゚)))))
筋肉痛間違いなし


これを皮切りにアタリが出だしたので、イカからワーム(疑似餌)に変更。

前からずっと試してみたかったんです、エコギアアクアのスイムシュリンプ。ゴムでできた単なる疑似餌ではなく、疑似餌とリアル餌の融合体らしい。ちなみに今回使用したのはピンクのやつ(なんとなく海老っぽいから)。
20150321_エコギアアクア スイムシュリンプ

するとテンヤ投入後、水深50mでラインがストップ。フッキングして上がってきたのはギンプク(サバフグ)。一発で擬似エビちゃんがこの有様に(ノД`)・゜・。
20150321_テンヤ釣り3

それから本日のメインターゲット、レンコダイ
浮き袋が出てきてしまうので、海底から数十メートル上げると大人しくなります。擬似エビちゃん、ボロボロ。。。
20150321_テンヤ釣り4

そして、ガンゾウビラメ。生エサじゃなくてもテンヤで魚は釣れることが証明できて良かったです。
20150321_テンヤ釣り5

最後の1投に来てくれたのがコイツ。
高級魚『アマダイ』!
これはイカで釣れました(ワームは使い切ってしまっていたので)。
20150321_テンヤ釣り6

結局、レンコダイ5尾、アマダイ1尾、ギンプク1尾、ベイケン1尾、ガンゾウビラメ1尾
という結果でした。五目釣りヾ(≧▽≦)ノ



レンコダイは船内でこのような状態になっておりました。
20150321_テンヤ釣り7


釣った魚はどうなるのか?

つづく。

よかったら↓ぽちお願いします。

高知県 ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 転勤族の人って普段何してる?〜富山編〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。