転勤族が富山県で何を見て何を感じているのか綴ります
page top
生後100日祝い(お食い初め)
今日は、次男の生誕100日のお祝い(お食い初め)をやろうという企画で、朝から長男と「歯固め石」を探しに行きました。
長男の時には城西館でやったんですが、今回は家でやることになりました。

で、Wikipediaで「お食い初め」を検索すると、以下のように書いてあるのです。

概要
個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。
この儀式は、平安時代から行われてきたものである。
江戸時代には、生後120日経つと、飯や魚、5個の餅、吸い物、酒などの膳部(ぜんぶ:膳にのせて供する食物・料理)をそろえて幼児に食べさせる真似をした[2]。

祝い膳
伝統的な形の「お食い初め」は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。これには鯛など尾頭(おかしら)つきの魚および、赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される[1]。「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。小石の代わりに固いクリの実を供する地域もある[要出典]。また大阪をはじめ、関西地方では小石の代わりにタコを供する風習が存在する[3]。
食器は正式には漆器で高足の御膳にしつらえる。器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児は内外ともに赤色で女児は黒色で内側が赤色である[要出典]。
もっとも、簡単にするならこのように正式な形ではなく、祝い膳として離乳食を用意しミルクや母乳から離乳食へ切り替えのきっかけとしても構わないとされる。



小雨の中でしたが、熊野神社に到着。
20150705_生後100日祝い1

長男に白、黒、赤の小石を探してもらいます。
20150705_生後100日祝い2

これに決めたようです。
20150705_生後100日祝い3

弟の健やかな成長を祈念いたします。
20150705_生後100日祝い4

家に帰ると、嫁さまが豪華な祝い膳をこしらえてくれています。
20150705_生後100日祝い5

次男に皆それぞれの品を食べさせる真似をして、儀式は無事に終わりました。

20150705_生後100日祝い6

これで我が家も安泰です(○´∀`)ノ
もちろん、歯固め石は熊野神社にお返ししておきました。

よければ↓ポチっとクリックお願いします。

高知県 ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 転勤族の人って普段何してる?〜富山編〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG