転勤族が富山県で何を見て何を感じているのか綴ります
page top
生きたホタルイカと触れ合ってみた(富山県滑川市)
GW初日!!!

本日は、実弟が名古屋からわざわざ富山まで来てくれました。珍しく長期休暇が取れた模様!ヾ(≧▽≦)ノ

さっそく富山っぽいところをご案内

と、ランチに選んだのは、

『西町大喜 二口店』

知る人ぞ知る、「富山ブラック」のお店です。
20170429_ほたるいかミュージアム1

ラーメンはというと…

「く、くろい…」Σ(゜ロ゜;)!!
20170429_ほたるいかミュージアム2

そして、

超しょっぱい!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

好みが真っ二つに分かれそうな感じです..._〆(・∀・@)



先日、 『大喜 根塚店』 にお邪魔した際に“超うま~”なラーメンだったため、同じ名前の別の店に入ってみたわけです。

が!

全然違うのであります。

本当に同じ店なのか?

疑問が生じ、後で調べてみたところ、うまくまとまっているサイトがありました。
https://arnon.jp/taiki

実はこの2つ、全く別物のようです..._〆(・∀・@)


(´∀`σ)σナーンダ


そそくさとお店を後にし、実弟・長男・次男と向かった先はこちら。

『ほたるいかミュージアム』
滑川(ナメリカワ)にあります。
20170429_ほたるいかミュージアム3

ここに行けばホタルイカのことが全て分かります。はい。

生きたホタルイカと直に触れ合うこともできる場所でもあり、生まれて初めて生きたホタルイカに触ることができました。
水温5℃の水槽に、体長10cmほどのホタルイカがプカプカ泳いでおります。
これでも大人。かわいいです
20170429_ほたるいかミュージアム4

そして、ライブシアター 「ホタルイカの発光ショー」
20170429_ほたるいかミュージアム5
行列ができていますので、待つ必要があります。
中に入ると扇型になったシート。ここで数分のホタルイカ解説ビデオ上映(@_@;)
ここのホタルイカは水揚げされてくるものを毎日一部拝借して展示してあるようで、4月上旬~5月下旬までしか見られないそうです。たまたまシーズンに当たって良かったです。ちなみに漁解禁は3月1日。

解説が終わった後に、いよいよ発光ショーです。
一度に全員は見れないため、前列の人が見終わった後に後列の人が見ます。

一番前には半月型の水槽の底に網が敷いてあり、その上をホタルイカがプカプカしています。
そこにロープが水槽の左右2本とその間に2本の計4本あり、それをお客さん4人で一斉に引き上げ、網を下ろすとホタルイカが光ります。
プラネタリウムのように真っ暗になるため撮影禁止。
なので以下、文章での描写となります。

「電気を暗くしますよー」

「せーの!」

“ザバー”

「すぐ下ろしてくださーい」

“ザバー”

「皆さん、見えますか。ホタルイカが発光していますね。」

という感じです。

ホタルイカが発する幻想的な青白い光はすごく神秘的で感動しました。

ホタルイカは外部からの刺激によって発光するようですね。

小さい子供ちゃんは急に暗くなったのが恐かったのか、泣いたりしていましたが、貴重な体験ができました(≧y≦*)




夕方帰ってきましたが、実弟がわざわざ富山に来てくれたので、その勢いで回転寿司へGO!
初めて行く 『きときと寿司 太郎丸店』 です。
20170429_ほたるいかミュージアム6

写真の「白えび軍艦」など色々いただきましたが、大人3人子供2人で6,300円は大変お得!
20170429_ほたるいかミュージアム7


ハードな1日でしたが、おもしろ体験ができた1日でした。

明日は金沢へ乗り込みます。


よければ↓ぽち↓お願いします。

富山県ランキング
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 転勤族の人って普段何してる?〜富山編〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG